忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/22 17:20 |
ペレに会いに(後編)
宮ちゃんはず~っとガイドしてくれて、寝る暇なんてもんはありません。ガイドをしてくれるとそれに対する疑問も出たりして、ずっと会話のキャッチボールが続く感じ。ガイドの幅も広くて、植物や天候気候ハワイの歴史文化と多岐に渡って色々お話してくれるので飽きません。

車はハワイ火山国立公園へ。
前回行ったときに通ったクレーターリムロードは一部ガスのために封鎖されてるんだとか。
HAWAII_76.jpgもくもく
ハレマウマウ火口の写真が自分が入ってるのしかなかった(^^;)前回のと比べると凄い事になってるってのが判りますよね?

暫く小雨が降ってたんですが、突如日が差してきて・・・みるみる間に虹の出来上がり
HAWAII_77.jpg始まり
HAWAII_78.jpg終わり
虹の全体は撮れなかったんですが、始まりと終わりが間近に見られるのって凄くないですか?
オヒアレフアがあったので、レフアの写真を撮ってたら宮ちゃん(ガイドさん)が「手出してみて?」というので出すと、レフアの花を振って蜜を出してくれました。す~んごく甘くてびっくり。蜂蜜並の甘さでべたべたしないし、あれは凄かったです。
HAWAII_79.jpg蜜をありがとう

車はクレーターリムロードからチェーンオブクレーターズロードへ。途中で虹が二重になったのを発見。急遽停車して写真大会です。
HAWAII_80.jpg二重が判る?
二重の虹の並びなんですが、1本目と2本目で並びが逆なの判ります?何故なのかは聞かなかったんですが、2本目と3本目でもまた逆になるらしい。
HAWAII_81.jpgmixiの写真
mixiの私の写真は現在コレになってます。うっすら二重なんですけど判りづらいですね。満足できるくらい写真撮ってクレーターズロードを溶岩のオーシャンエントリーが見えるくらいまで下って(昼間だと赤い溶岩見えなかった)引き返して今度はカラパナを目指します。

カラパナ地区は元々人が住んでたところだったそうなのですが、溶岩で全て焼き尽くされてしまったそうで。以前はここへの観光客の立入りを禁じてたそうなのですが(まぁ、住処を亡くした方々にしてみれば、物見遊山でわいわい人がこられるのはいい気分はしませんよね)海へ溶岩が注ぎ込むようになったのを機に、時間限定でそれを見る事が出来るように道路も整備してそこを全面開放することにしたんだとか。
駐車場にはものすごい数の車が居て、人もわんさか・・・お祭り状態です。とりあえず人が引くのを待とうって事で、駐車場で晩御飯を頂く事に。晩御飯はヒロのプカプカキッチン(ドラゴンママ?)のお弁当。すっごい安心する味付けで、ちょっとボリュームがありすぎるんだけど、残すのが申し訳ないくらい作り手の温かさが伝わるお弁当で・・・無理して完食。

日も暮れ、人もある程度引いてきたところで移動です。危険なところもあるから(溶岩の6割はガラス質です)同じところを辿って下さいって事で前の人について歩きます。時折赤く光ってる噴煙が見えて否応にもテンションが上がります。
展望台ってワケではないんですが、レンジャーの方が安全と判断して囲ってあるエリアがあって、そこから溶岩のオーシャンエントリーを見る事が出来ます。ただ、岩の向こうに落ちてるので、時々起こる水蒸気爆発からしか見る事が出来ないんですけどね。写真は私のでは暗くてわかりづらいので、BIg Island Crestさんのページからご覧くださいな。
水蒸気爆発を見ていたら、なんと岩の上から溶岩が流れ出てきました。 \(≧∇≦)/街の灯り程度にしか見えなかったのが、だんだん広がってってどろどろ流れてる感じが判りますか?
HAWAII_82.jpgぽつんと赤い灯
HAWAII_83.jpgどろどろ~
他の方のカメラで望遠鏡を覗き込んで撮ると凄くアップできれいに写ってたんだけど、私のだとわかり辛くてちっちゃい(^^;)
時間ぎりぎりまで溶岩を見てとにかく満足してカラパナを後にしました。ペレに感謝です。

拍手[0回]

PR

2009/03/16 13:11 | Comments(0) | 2008年5月ハワイ旅行

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<星空観察&おまけ | HOME | ペレに会いに(前編)>>
忍者ブログ[PR]