忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/21 03:15 |
ライヴレポその2
最後がお目当て「J-P-K」
毎回機材チェンジの時はステージのカーテンが引かれてて
暗転してすぐカーテン開いてSE流れてってのが
それまでのパターンだったんですが、
J-P-Kは出る前からちょっと凝ってました。初めはカーテン開けず。
SEと共に、ステージ後方の青い照明が左右にパーンしてるのが
カーテンの隙間から見えてて
何か、DASEINのお披露目ライブのOPを彷彿とさせるカンジ。
SEの雰囲気もちょっと似てた・・・後半全く違ったけど。
SEで待たせるのがちょっと長かったのも当時と似ててね(^^;
で、メンバー出てきましたがステージ低いせいで、JOE全く見えず(苦笑)
演奏中に一瞬ニットキャップ見えたのと、たまに金物叩くスティック
見えた位かな。一応ステージの隅と後ろの方にモニターがあって、
たまに写してくれてたみたいです。
PとKのツインタワー(笑)はあの背の高さのお陰で2人とも
顔だけはばっちりでした。
お初なVo君は・・・20前半?かなり若くて一生懸命歌ってたんですが
たまに楽器隊の音に声量負けるのよね。。PAのせい・・・じゃないと思う。
2曲やってMC。ツインタワーだけが自己紹介。
メインに喋ったのはPANTHERさん。
「こんばんは〜。 J-P-Kプロジェクトかっこ仮カッコ閉じるです」
って、PANTHERがそのうちのPだって紹介をして続いて
KENJILAWがK・・・Jは?ってマイクが無かったのかな?
Vo君が自分のマイク差し出してたっぽいけど「俺はいい」とか
何とかで自己紹介せず。
「なんやカッコつけて。(一生懸命自己紹介した)俺らなんやねん(笑)」
とかなんとかPANTHERに(KENJILAWにも)言われたけど、結局喋らず。
ついでに言えばVo君の紹介もナシ。Vo君も歌以外に声聞いてません。
「時間・・・かなりヤバイみたいなんですよ。」とかいいつつPANTHERさん
ぐだぐだ喋るし(笑)「残り3曲です」ってやって終了でした。
で。サウンドですが・・・私には曲の違いがわかんなかったです。
演奏力が高いのは言わずもがななんだけど、曲は残らなかったなぁ。
ていうか、何がしたいんだろう?感が強かったです。
この若いVo君を育てるためのプロジェクトなのか
Voを入れたらどうなるのか試してみたかったのか
それとも4人で本腰入れてやって行くつもりなのか
まぁ、本人らがやりたいようにやってるんだったら、
何しようが構わないんですけどね。
悪くは無いんだけど、私の心には響かなかったなぁ。

拍手[0回]

PR



2006/11/01 19:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | 過去日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<友達と遊ぶの巻 | HOME | ライヴレポその1>>
忍者ブログ[PR]